妊娠・育休中の悩み

弱者になりたくなかった私

2019-02-09

第一子妊娠時、妊婦だからと言って甘えることに非常に抵抗がありました。

妊娠の嬉しさはもちろんありつつも、今までと同じ生活、仕事ができなくなることの抵抗・不安が同じくらいありました。

恐らく多少社内のワーママに対する偏見と哀れみの目(好きなだけ働けなくて制限があってしんどそうだな…)があったこともあるかと思います。

でもそれは当時の私が、今でも根強く残る男性優位の会社文化に染まりきってきたからだと思います。

大学卒業までは男女平等なんて当たり前と思っていたし、なんなら同年代の男性がとても頼りなく見えてました。

入社後は同期の男性より、自分の方が要領よく仕事をこなしている自信もありました。

英語の出来ない屁っ放り腰の同僚が駐在にいくのも許せなかったし、女性である私より、同性の同僚の方が男性上司に飲み会に誘われやすいのも悔しかった。

そんなこんなで、徐々に男性優位の会社のシステムにも気づき始め、女性であっても昭和の男性並み?に働かなければ会社で生き残るの(=出世にやりがいを感じて働くこと)は無理なんだと気づきはじめました。

会社で生き残れる自分でなければ「弱者」になる、ただ、その会社で生き残るっていうのは決して、「社長になりたい」「管理職になりたい」という大それたものではなく、学校でいう人気者グループにい続けたい?のと同じような感覚だったと思います。

配属された部署が花形で、海外駐在のステイタスが色濃く残る社内でもそこに近い部署でもあったことから、この部署である程度周りから認められていれば自分は安泰と思ってました。

なので、復帰後は「ワーママでもバリバリ働ける私」にならなければならないと思っていましたし、それを目指してました。

第一子妊娠時は比較的経過が良好であったこともあり、仕事もギリギリまでバリバリこなり、他にも、優先座席に絶対座らない、妊婦マークもつけたくないなど、普段の生活面でもへんな個人ルールを作っていました。

だから、復帰当初は単身育児にもかかわらず、最短での復帰を試みたし、初めからフルタイムで、「私は今まで通り働けます」アピールに余念がなく、「弱者」になることを避けてました。

ただ復帰後は、徐々に自分のキャパの限界と嫌でも向き合ってくことになり、少しずついろんな場面で白旗をあげるようになりました。

息子も人並みに体調を崩す、毎週のように会社帰りに耳鼻科に連れて行く、息子も成長とともに自我が芽生え、イヤイヤ期がはじまり、会社を出る前にぐずりだす、それで思った時間に家を出れない、朝ごはん食べない息子、漸く週末に突入も、元気いっぱいの息子に朝から息子に叩き起こされる、結果つかれはとれない。急な残業で、延長保育ギリギリで迎えに行くと、ポツンと寂しそうに待ってる息子の姿を見て自己嫌悪に陥ったり…

そんな中、第二子妊娠。

自分の限界に気づいたことに加えて、へんてこりんな上司の対処というストレスが増えたことも重なり、自分に対するの変な制限を少しずつ取り外すことにしました。

第二子妊娠後は、お腹が目立たないうちから、しんどければ優先座席に座る、保育園のお迎え・妊娠を理由に会社の飲み会は全て欠席、つわりでしんどい時は朝フレックスで出社する、前述のへんてこりんな上司とは極力距離を取り仕事でがんばりすぎない、出張を打診されてもことわる、業務上しんどければ素直にそれを伝える。

全て今までの私が避けてきたことでした。

ただその制限を外す事で、すごい自分が楽になったのと、なにより家族に対して優しくなることができました。

息子と向き合う余裕も少しながらもできたし、旦那にもやさしくできている自分に気づきました。

復帰後、自分の限界と向き合う中で、自分が何を大事にしたいのか真剣に考えて、それが家族であることに気づき、その選択を自らしたことで、周りからどう思われようと本当に気にしなくなった私がいます。

今朝のワイドショーで見た、柔道・ロンドン五輪金メダリストの松本薫選手の引退会見。

現役時代は「野獣」の異名を持ち、その闘争心溢れる表情・競技スタイルは同性から見てもカッコいいと憧れる方です。

会見では「柔道より子供が優先になった」とはっきりと言い切った彼女。

公の場で、引退の理由を「子供を大事にしたい」と素直に言い切れる彼女は素敵だな、と思いました。

そんな彼女はけっして「弱者」にはみえなかったし、今からの第二の人生を心から楽しみにしてるようにみえ、同じ女性として応援したくなるようなニュースでした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ココ@英語に捧げる海外営業ママ

育休中に英検1級合格&TOEIC925点(リスニング満点)を取得。今はTOEIC990点(満点)を目指してます。仕事は海外を飛び回る総合職ママ。米&豪の交換留学経験あり。スタバ&自己啓発&ビジネス書が好き。

-妊娠・育休中の悩み

Copyright© ワーママpress , 2020 All Rights Reserved.