英検一級

まずは自分の実力把握から(準一級過去問にトライ)

2019-05-23

産休に入りました。

唯一自分の時間の持てる産休暇。英語の勉強を頑張ろうと思っています。

現在、英検一級を目指している私ですが、その前のレベルとなる英検準一級を取得したのは実は10年以上も前…

正直、今現在、英検準一級をストレートで合格できるのか全く自信なし。

なので、まずは直近の英検準一級の過去問をトライしてみました。

ちなみに英検の過去問はこちらのURLよりダウンロードできます。

その結果は以下の通り(英作文部分は除きました);

実施試験:2018年第三回 筆記(90分)/リスニング(約30分)

※正解数/全問題数 (正解率) で記載

リーディング 27/41 (66%) 60分

※ライティング時間想定30分とし、60分で実施

Part1:短文の語句、空所補充 17/25 (68%)

Part2:長文の語句、空所補充 4/6 (67%)

Part3:長文の内容、一致選択 6/10 (60%)

ライティング

実施せず

リスニング 22/29 (75%) 30分

Part1:会話の内容、一致選択 10/12 (83%)

Part2:文の内容、一致選択 8/12 (67%)

Part3:Real-Life形式の内容、一致選択 4/5 (80%)

全体 49/79 (62%)

ううう…。正解率を単純に問題数でわったものですが、全体で70%も超えていない。

あと今回問題を解く際には、自信のない回答は全て" ? "のメモを残しておりました。

リーディングの中でもPart1の短文の語句、空所補充部分、ほとんどあやふややん!!という状況。

正解した中にまぐれもほとんど入っています。もうなんか雰囲気での回答というか…。

リーディングの他パートもかなり怪しい状況です。

おそらくこのレベルで一級にトライするというのは、スケートでいうと2回転ジャンプも飛べないのに、3回転ジャンプを飛ぼうとしている状況だと判断しました。

まず取り組むべきは、

  • 今回実施した試験問題の総復習
  • 準一級レベルの単語力をつけること

かなと。

まとまった時間がとれなくなる産後まであまり時間がないですが、あまり無理しない程度に上記に取り組んでいこうと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ココ

ココ@英語に捧げる海外営業ママ

育休中に英検1級合格&TOEIC925点(リスニング満点)を取得。今はTOEIC990点(満点)を目指してます。仕事は海外を飛び回る総合職ママ。米&豪の交換留学経験あり。スタバ&自己啓発&ビジネス書が好き。

-英検一級

Copyright© ワーママpress , 2020 All Rights Reserved.